「電解アルカリ水」

「電解アルカリ」水とは

水を電気分解することにより、特殊な機能を持った水の性質に変化します。

電気にはプラスとマイナスがあり、そのプラスとマイナスの電気を、イオン

(水分子より小さい物質)を通過する膜(イオン交換膜)で2つの電解槽

に分離し、水に電気を流すことによって「水の電気分解」(イオン移動)が

起きます。
マイナス極(陰極)の水には油分を溶かす界面活性作用などが含んだアルカ

り水(KOH、NaOH)となり、主に洗浄用途として利用されます。

また、pH12.0以上の電解アルカリ水は錆が出やすい鉄などを洗浄しても腐食

しないことから、最近では鉄部品の洗浄は勿論、水ブラスト(鉄部の古い塗

膜除去)などにも利用されています。
  

弊社生成方法

  

特徴

右の画像は釘を水道水に
三日間浸した状態です。
それに比べて電解アルカリ
は、水道水と比べて釘が還元
作用により酸化を防ぐので錆に
くいのです。
  

水が油を溶かします

水に油を入れると分離して浮き上がってしまいますが、電解水アルカリ水に

油を入れて混ぜると瞬時に白濁するのがわかります。

これを乳化作用と言い油が水に溶けた状態です。(下記写真をご参照下さい)

それに、優れた浸透力(汚れの細部にまでしみ込む)と分解力(汚れの

分子を溶かします)を併せ持ち汚れをすばやく溶かしマイナスイオンの力で

浮かせて落とします。

ご注意ください

最近ネット販売などで次亜塩素酸水濃度が、600ppm、800ppmと謳い

「一般的な濃度より何倍もお得です」と割安のように販売している業者を見受けます。

殆どの業者が化学の知識が無いのが実情のようです。

高濃度を購入しても実際に使用する消費者は水道水で薄めて使用します。

次亜塩素酸水の殺菌効果が高いと言われているpH5~6.5が、水道水で薄める倍率が高くなれば薄めた次亜塩素酸水のpHが7.0以上になることとなり、殺菌効果も減少します。

また、水道水にはカルシウム、ナトリウム、カリウムなどミネラルが含まれていますので薄めたときに次亜塩素酸水と反応して失活(殺菌効果が減少)します。

★次亜塩素酸水の濃度が高ければ高いほどお徳ではありませんのでご注意ください。

  お知らせ

10月11日~13日に幕張メッセで開催された国際農業展EXPO

に出展し、多くの方々に弊社ブースにお立ち寄りいただき、盛況

にて終えることが出来ました。ご来場いただきました皆様に心か

ら御礼を申し上げます。

ありがとうございました。

平成28年12月に島根県の「経営革新事業所」として承認されました
食中毒の季節です!
食中毒対策は万全ですか?
O157、新型ノロウイルス、大腸菌など殆どのウィルス、菌に効果を発揮する
電解次亜塩素酸水

電解アルカリ水で視界良好

電解アルカリ水はタンパク質を溶解する力が優れています。
一般のウォッシャー液で除去できない、ガラスに付着した虫
及びの糞、油膜などワイパー作動だけで簡単に除去でき
ます
Powered by Flips